【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
【小説】誰 [チョコレートピンシャー(MABIYA)] 僕のヒーローアカデミア
18禁 女性向け

【小説】誰

作家
  • 1,257円 (税込)
  • 通販ポイント:22pt獲得
  • 送料250円から とらのあなpremium
:在庫残りわずか
カートに入れる ワンクリックで今すぐ買う
お支払い金額: + 送料・手数料 ?
お支払時期についてはこちらをご覧ください?

おまとめ目安と発送目安 ?

毎度便
2023/02/01 から
5日以内に発送
定期便(週1)
2023/02/01 から
10日以内に発送
定期便(月2)
2023/02/05 から
14日以内に発送
カートに追加しました。
再販希望を受け付けました

商品入荷の際は入荷アラートによるメールでご連絡します。

コメント

保護観察時空の荼炎。記憶喪失になった燈矢への身勝手なエゴを自覚して炎司が苦しむ話です。二度の病室セックス描写があります。pixivサンプル:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18114347

商品紹介

(2022年8月新刊小説キャンペーン / サークル様PR)
「息子にはずっと辛い思いをさせて来た。きっと今のまま、俺のことなど忘れていた方が幸せだろう」
 そう語る表情は酷く暗い。
 悲壮さの溢れるその顔は、とうてい息子の幸せを願っているようには見えなかった。
(四章より一部抜粋)

すべての戦いが終わった後、炎司とともに暮らしていた燈矢に一年ぶりの外出許可が下された。
初めての外での時間を楽しむ二人だったが、襲撃を受けて燈矢が気を失ってしまう。
病院で目覚めた燈矢は何も覚えていなかった。自分のことも、炎司のことも。
(このまますべて忘れて生きていく方が燈矢は幸せなのではないか)
炎司は燈矢の幸せを望みつつも「自分のことを思い出して欲しい」と願ってしまう己の醜さを責め、思い悩みながらも、つい燈矢に会いに行ってしまう。

郷愁と喪失感、渇望と葛藤の揺らぎで求め合う二人の話。

注意事項

  • キャンセルについてはこちらをご覧下さい。
  • 返品についてはこちらをご覧下さい。
  • おまとめ配送についてはこちらをご覧下さい。
  • 再販投票についてはこちらをご覧下さい。
  • イベント応募券付商品などをご購入の際は毎度便をご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。

年齢確認

あなたは18歳以上ですか?

成年向けの商品を取り扱っています。
18歳未満の方のアクセスはお断りします。

Age confirmation

Are you over 18 years of age?

This web site includes 18+ content.