心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
心拍数 [ちょこっと。(葵ちょこ)] 鬼滅の刃
専売 18禁 女性向け

心拍数

サークル名:
作家
  • 1,100円 (税込)
  • 通販ポイント:20pt獲得
  • 送料250円から とらのあなpremium
:在庫あり
カートに入れる ワンクリックで今すぐ買う
お支払い金額: + 送料・手数料 ?
お支払時期についてはこちらをご覧ください?

おまとめ目安と発送目安 ?

毎度便
2022/08/16 から
2~5日以内に発送
定期便(週1)
2022/08/17 から
7~10日以内に発送
定期便(月2)
2022/08/20 から
10~14日以内に発送
カートに追加しました。
再販希望を受け付けました

商品入荷の際は入荷アラートによるメールでご連絡します。

コメント

キメ学軸。すれ違った先の二人のお話。睡眠姦、無理矢理などの描写含みます。

商品紹介

義勇が炭治郎に出会ったのは中学生の時。
幼い頃から真っすぐ曇りのない瞳だったのを義勇は今でも覚えていた。

いつの間にか傍にいて笑顔を向けられるのが当たり前になり、
傍にいるのが心地よくて、
きっとこの先もそれが続くのだと思っていた義勇。

しかし…。大学入学で県外に引っ越すことを伝えに行った時、
父親の葬式最中も涙を堪えていた炭治郎が
「義勇さんは ずっと一緒にいますよね…?」と初めて我儘を言ったのだった。
得る為に何かを失うのが怖かった義勇は、炭治郎に「…すまない」と一言だけ告げた。

次に義勇が炭治郎と再会したのは教師になってからだった。
4年ぶりに会った炭治郎は、変わらない真っすぐな瞳で変わらず義勇のことを見上げ——

「……久しぶりですね、冨岡先生・・・・

( 先に遠ざけたのは己なのに まるで拒絶されたように感じた )

サークル【ちょこっと。】がお贈りする新刊は、
キメ学軸で描かれる、すれ違った先の二人のお話。
[鬼滅の刃]冨岡義勇×竈門炭治郎本『心拍数』が登場です!

ある日、炭治郎に好きな人がいると知ってしまった義勇。
(ただ一度離れただけで お前は俺以外を見るのか…?)
そうして炭治郎への想いが膨れ上がった義勇は、とある行動に出て———

義勇が炭治郎に向ける深く重たい愛情や、仄暗い世界観で展開される物語に、
終始ゾクゾクが止まらない本作!
睡眠姦、無理矢理など興奮必至な要素満載でお届けする、
ディープな義炭ストーリーを是非お手元にてお楽しみくださいませ!

注意事項

  • キャンセルについてはこちらをご覧下さい。
  • 返品についてはこちらをご覧下さい。
  • おまとめ配送についてはこちらをご覧下さい。
  • 再販投票についてはこちらをご覧下さい。
  • イベント応募券付商品などをご購入の際は毎度便をご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。

年齢確認

あなたは18歳以上ですか?

成年向けの商品を取り扱っています。
18歳未満の方のアクセスはお断りします。

Age confirmation

Are you over 18 years of age?

This web site includes 18+ content.