落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
落園 [addict(miya)] 鬼滅の刃
同人鬼は外フェア
専売 18禁 女性向け

落園

サークル名:
作家
  • 1,642円 (税込)
  • 1,560円 (税込)
  • 82円OFF 4%割引き
  • 通販ポイント:28pt獲得
  • 送料250円から とらのあなpremium
:在庫あり
カートに入れる ワンクリックで今すぐ買う
お支払い金額: + 送料・手数料 ?
お支払時期についてはこちらをご覧ください?

おまとめ目安と発送目安 ?

毎度便
2023/02/09 から
5日以内に発送
定期便(週1)
2023/02/15 から
10日以内に発送
定期便(月2)
2023/02/20 から
14日以内に発送
カートに追加しました。
再販希望を受け付けました

商品入荷の際は入荷アラートによるメールでご連絡します。
サークル名
作家 miya
ジャンル/
サブジャンル
カップリング
メインキャラ 冨岡義勇 竈門炭治郎
発行日 2021/03/14
種別/サイズ 同人誌 - 小説/ A5 104p
初出イベント 2021/03/14 日輪鬼譚 13

コメント

義勇は藤の家紋の屋敷の中で炭治郎を無理矢理抱いた。「俺は、あなたの何なんですか…」「あんなことでもしなければ、お前が俺を見ることは無かった」渇望と贖罪。恋でも愛でも無い感情に炭治郎が寄り添って、二人で落ちていく話。

商品紹介

初めての共同任務を終え、休息を求め藤の家紋の屋敷に立ち寄った義勇と炭治郎。
夕飯をご馳走になり湯浴みを終え、
義勇が通されたのは屋敷の中でも奥に位置する部屋だった。

柱と呼ばれるようになってからは奥の個室に通されるようになり、
大部屋の雑魚寝に慣れていたため居心地が悪いと感じる時もあったものの、
義勇は炭治郎と離れることができて安堵していた。

(あの顔を、声を、体を……傍に置いてはいけない。)
戦いのあとはどうにも昂りが抑えられず、
意思と関係なく血が体中を巡って緊張していく。
吐き出してしまえばすぐに楽になる——触れようとしたその時、
炭治郎が義勇の部屋を訪れてきて……。

サークル【addict】がお贈りする“日輪鬼譚 13”新刊、
[鬼滅の刃]義炭小説本『落園』がとらのあなにお目見えです!

義勇が藤の家紋の屋敷の中で無理やり炭治郎を抱く所から始まり、
恋でも愛でも無い感情に炭治郎が寄り添い、二人で落ちていく、
読み応えある義炭ストーリーをお届けする本作品。

二人の心情が丁寧にじっくりと書き込まれた、
シリアスなストーリー展開から目が離せない1冊です。
気になる全貌は、是非お手元にてじっくりとお楽しみくださいませ。

注意事項

  • キャンセルについてはこちらをご覧下さい。
  • 返品についてはこちらをご覧下さい。
  • おまとめ配送についてはこちらをご覧下さい。
  • 再販投票についてはこちらをご覧下さい。
  • イベント応募券付商品などをご購入の際は毎度便をご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。

年齢確認

あなたは18歳以上ですか?

成年向けの商品を取り扱っています。
18歳未満の方のアクセスはお断りします。

Age confirmation

Are you over 18 years of age?

This web site includes 18+ content.