会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
会いたかった男の噺 [Ambrosia(浬)] 鬼滅の刃
専売 18禁 女性向け

会いたかった男の噺

サークル名:
作家
  • 748円 (税込)
  • 通販ポイント:13pt獲得
  • 送料250円から とらのあなpremium
:在庫なし
再販希望

おまとめ目安と発送目安 ?

毎度便
未定 から
5日以内に発送
定期便(週1)
未定 から
10日以内に発送
定期便(月2)
未定 から
14日以内に発送
カートに追加しました。
再販希望を受け付けました

商品入荷の際は入荷アラートによるメールでご連絡します。
サークル名
作家
ジャンル/
サブジャンル
カップリング
メインキャラ 冨岡義勇 竈門炭治郎
発行日 2020/05/31
種別/サイズ 同人誌 - 漫画/ B5 38p
初出イベント 2020/05/31 日輪鬼譚 9

コメント

「思い出して、思い知った。触れられるならば、今、お前に触れなければ」転生現パロ。転生なので前世(原作軸パート)の死ネタを含みます。ご注意下さい。

商品紹介

( 思い出した そうだ、思い出した・・・ )

大正時代、家族を殺されて禰豆子を人間に戻す為に鬼狩りになった炭治郎。
最終決戦はどうなった?善逸は?伊之助は?カナヲ、柱、隠のみんなは?
——義勇さんは?

突然飛び起き、バタバタと洗面所にかけ出した炭治郎を心配し、
声をかけにきた竹雄。
前世の記憶を思い出した炭治郎は、たまらず竹雄のことを抱きしめるのだが……。

「兄ちゃん!電話っ!!」
炭治郎が飛び起きてからずっと鳴り続けているという電話。
着信画面には「義勇さん」と表示されていた。
義勇の名前を見るなり、家を飛び出し彼の元へと向かった炭治郎だが……

サークル【Ambrosia】がお贈りする“日輪鬼譚 9”新刊、
[鬼滅の刃]冨岡義勇×竈門炭治郎本
『会いたかった男の噺』がとらのあなにお目見えです。

転生・現パロ設定でお届けする今作は、シリアスな義炭ストーリー。
甘くも濃密に描かれたラブシーンに胸が高鳴るのと同時に、
苦しくなるほどの切なさも詰まった珠玉のラブストーリーを、どうぞお手に取ってお楽しみくださいませ!

注意事項

  • キャンセルについてはこちらをご覧下さい。
  • 返品についてはこちらをご覧下さい。
  • おまとめ配送についてはこちらをご覧下さい。
  • 再販投票についてはこちらをご覧下さい。
  • イベント応募券付商品などをご購入の際は毎度便をご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。

年齢確認

あなたは18歳以上ですか?

成年向けの商品を取り扱っています。
18歳未満の方のアクセスはお断りします。

Age confirmation

Are you over 18 years of age?

This web site includes 18+ content.