R18表示 Off On

浅草皿交番の怪人

サークル名 :
作家
専売 18禁 女性向け

アイテムコード: 040030733704

  • 1,045円 (+税)
再販希望
× :在庫なし
毎度便
未定
定期便(週1)
未定
定期便(月2)
未定

「おまとめ目安日」は「発送日」ではございません。予めご了承の上、ご注文ください。おまとめから発送までの日数目安につきましては、 コチラをご確認ください。

作品キーワード:

商品情報

コメント

真武くんを汚すことで自分のもとにつなぎとめておきたい玲央くんの話。コミカライズの世界線ですがもう少し過去の話で、本編の内容も混ざってます。

商品紹介

 その手があまりにも綺麗で
  汚してやりたいと思った

 それはきっと そうすることで

  自分のそばに つないでおきたかったのかもしれない

サークル【剃刀ラブレター】がお贈りする“あさくさ三昧”新刊、
[さらざんまい]新星玲央×阿久津真武本『浅草皿交番の怪人』がとらのあなに登場です!

その日2人は交番にて先日起こったストーカー事件について話をしていた。
それは、告白して振られた男が劇薬を女に投げつけたというもので、「オペラ座の怪人」のようだと思ったのだ。
玲央はぼそりと何かを呟いてから話を変え、真武につけた〝跡〟について触れた。
それに対し、照れたように顔を隠す真武に玲央は自身の身の内に抱える欲望が顔を出すのを感じて――…。

ぼうっとしている玲央に呼びかけ彼の額に触れた真武の指先の温度に、玲央は彼と初めて寝た時のことを思い出したのだ。
自身が真武に触れる度に彼が汚れるのではと、欲情し汚してやりたいと思いながらも、それでも触れるのを畏れた玲央に真武が何か言ったのを…――。
( 忘れられなかったはずの言葉が 今は 思い出せない )

真武を汚すことによって自分の元につなぎとめておきたい玲央のお話である本作!

何度肌を合わせても汚せたという実感も、つながれたという安堵も抱けなかった玲央の複雑で仄暗い欲望と、
自身を怪人のように言う玲央を想う真武の2人の心情や互いに互いを想うその気持ちから目が離せない一冊です!
玲央の欲望に焦点を当てて描かれるシリアステイストなハピエンレオマブ本を是非お手元にてご覧くださいませ!

注意事項

返品についてはこちらをご覧下さい。
お届けまでにかかる日数についてはこちらをご覧下さい。
おまとめ配送についてについてはこちらをご覧下さい。
再販投票についてはこちらをご覧下さい。