いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
いろはあふれ [ふたつの満月’(葵ユウミ)] 鬼滅の刃
専売 18禁 女性向け

いろはあふれ

サークル名:
作家
  • 986円 (税込)
  • 通販ポイント:17pt獲得
  • 送料250円から とらのあなpremium
:在庫なし
再販希望

おまとめ目安

毎度便
未定
定期便(週1)
未定
定期便(月2)
未定

「おまとめ目安日」は「発送日」ではございません。予めご了承の上、ご注文ください。おまとめから発送までの日数目安につきましては、 コチラをご確認ください。

カートに追加しました。
再販希望を受け付けました

商品入荷の際は入荷アラートによるメールでご連絡します。
サークル名
作家 葵ユウミ
ジャンル/
サブジャンル
カップリング
メインキャラ 竈門炭治郎 我妻善逸
発行日 2020/11/29
種別/サイズ 同人誌 - 漫画/ B5 70p

コメント

炭治郎が善逸の「幸せの箱」思想に触れます。互いの気持ちを確認した後のお話。ギャグあり、シリアスあり、気が付いたら初夜でした。前作「ゆめあわせ」と時間軸が続いてますが単体で読めます。

商品紹介

任務を終え、ふらふらの足取りで蝶屋敷へと帰還した善逸。
屋敷内で一人騒がしく泣き言を言う善逸だったが、
直後、遠くからピシャリと叱咤するアオイの声が届き……。

そのまま陽の光が差し込む縁側ですっかり寝入ってしまった善逸。
そんな善逸の側までやって来た炭治郎は、
自分の羽織を善逸にかけてやると隣に腰を下ろしたのだった。

暫くして炭治郎がくしゃみをする音で目を覚ました善逸は、
彼に羽織の礼を告げたのだが……。
炭治郎は善逸の手を引き寄せると、匂いを確かめるように鼻を寄せ——。

サークル【ふたつの満月’】がお贈りする新刊は、
互いの気持ちを確認し合ってからの2人のその後を描いた、
[鬼滅の刃]炭善本『いろはあふれ』がとらのあなに登場です!

炭治郎に求められ、その気持ちに応えたいと思う善逸の心情は勿論、
甘さたっぷりに描かれる濃密なエッチシーンにもご注目な1冊です♡

ギャグとシリアスを絡めながら描かれる、
炭善の恋模様の続きは、是非お手元にてご覧くださいませ!

注意事項

返品についてはこちらをご覧下さい。
お届けまでにかかる日数についてはこちらをご覧下さい。
おまとめ配送についてについてはこちらをご覧下さい。
再販投票についてはこちらをご覧下さい。
イベント応募券付商品などをご購入の際は毎度便をご利用ください。詳細はこちらをご覧ください。

年齢確認

あなたは18歳以上ですか?

成年向けの商品を取り扱っています。
18歳未満の方のアクセスはお断りします。

Age confirmation

Are you over 18 years of age?

This web site includes 18+ content.